2016年7月 1日 (金)

Windows10

Windows10無料アップグレート、残り1ヶ月を切りました。〆切に近づくにつれて回線が混雑する恐れがあるので数週間前に済ませました。
6年前の Panasonic Let's note CF-N9
メーカーサポートがあるのは後継モデル、N10から。なので自己責任。

001
アップグレード後にPCのハードウェア構成を大幅に変更すると正常にライセンス認証が出来ない場合があるらしい。なのでアップグレードする前にHDDをSSDに変えてしまうのが正統派・・・  オンラインストレージ全盛のこのごろ、256GBかその半分でも十分らしいですね。
とはいえ、自宅以外での超低速NET環境下(ポケットwi-fi) で使用することが多いので、時代遅れの大容量HDDに換装することにしました。

005写真は取り外したオリジナルの250GB。
新しく乗せ換えるHDDは、ヤフオクでゲットしたHITACHI製750GBHDD。以前なら考えられない値段でした。

010
Let's note はよく売れてる機種なんで、いろいろな人がWindows10化を試みてました。丁寧にブログupしておられるので参考にさせていただきました。
ドライバー類がwindows10はおろか8.1用もありませんが、殆どWindows7用で行けました。結構あっけなくアップデートできました。
マイクロソフトは自動アップデートでのWindows10化を推奨していますが、私はisoファイルをUSBメモリに焼いてアップデートしました。家のnet環境もそんなに早くないもんで、私的にはこの方法がベストです。

マイクロソフトのスケジュールに合わせてられない方、USBメモリからのアップデートをお試しあれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月22日 (水)

宍粟50名山No.44「宮山(みやま)514m」

001
アルプス用に、新靴 LA SPORTIVA を買いました。
早速試し履き。(と言っても6月13日の出来事)

002
玉ねぎの収穫をしなきゃならんので、近場で短時間コースの宮山へ。スポニックパークの裏山です。
山頂には、長水城の出城、岡城跡があります。

003
靴の履き心地は最高!.....好日山荘で履いた時から分かってましたけど。隙間なくスッポリ包まれてる感じ。
貧相な足をしてますもんで、今まで履いてた国産の靴には相当苦労してました。爪先は当たるのにブカブカ。毎回靴擦れでした。靴擦れ保護パッドを靴擦れしてないのに最初から踵に貼って、甲と足首の部分に食器洗い用のスポンジを詰めてました。

004
登山道は広くて歩きやすい。これならダニの心配はなさそう。

005
スタート9時43分で山頂到着が10時19分でした。

006
染河内の谷が見えました。神戸(かんべ)方面も見通せましたが立ち木が邪魔でうまいこと撮影出来ずでした。
弁当も待たずに来たんで、少し休んでサッサと下山。

007
登山口近くの獣除け門まで、あっという間に下りてきました。

008
今回の山行で、門のカンヌキの開け閉めが一番苦労したかも。獣エリアに別れを告げると、いつも国道から見えてる貯水タンク。ここの方が山頂より見晴らしがいいかもしれない。

0010
アスファルト道を程なく行けば駐車地の産霊神社。
腰を下ろしてズボンに血が滲み出していたのに気付いた。梅雨でジメジメした山道、あいつがいない分けがない。最近宍粟の低山はヒルだらけです。低い山は冬に行きましょう!
真っ先に靴脱いで調べました。ご覧の通り、ベロに一匹、外側にも二匹。
「ゴアテックス・ブーティーまでかじってないだろうなぁ~‼」
と叫びながら八つ裂きに。その後ズボンをめくったら、血吸ってポンポンのヒル3匹と、血がダラダラ流れ出てる吸った跡が2つ。ま、足は放っときゃそのうち治るけど靴はそうは行かん。もー、やめてよね。

時間がなかったので近場に行ったのが間違いでした。近場に行くときは、靴擦れしながら国産靴で登ろっと。

Map_2

今回のトラックです。山頂往復なので上りトラックのみです。

画像クリックで拡大画像が別ウインドウでポップアップします。

平面距離   1.2km沿面距離   1.3km
記録時間    00:36:14
最低高度  186m
最高高度  501m
累計高度(+) 313m累計高度(-) 26m
平均速度    2.2km/h
最高速度    5.3km/h
座標精度    ★★★★☆

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月28日 (土)

音水渓谷の「山品山」

0001
5月23日月曜日、山品山へマロと。音水にある宍粟50名山ランク外の山です。
今回またまたカメラを忘れました…(最近物忘れがヒドイ) そのためiPhone写真となります。
途中のコンビニに「Nikon D500」が売ってたらカードで買ってたかも。次は絶対FXと決めてたけど、D500の登場で悩みまくりです。といっても先立つものがないので、TOTOを買い続ける今日このごろです。

さて、入山は大木の森の中の散策路、音水管理歩道から。山に登らなくても、この散策路で十分満足できます。何時間でも居たくなる様な森です。

0002
音水管理歩道の北端に道標がありました。
ここから上がりました。特に道はなく、天然林の中を好きなように上る感じ。最高です。

0003
iPhoneなんで、イマイチ美しさが伝わらない・・・
D500だろうがD810だろうが、撮り手がヘボじゃ伝わらないか。
とにかくきれいな森でした。

0004
まもなく尾根出合。結構キツイ登りです。けど疲れない景色。

0005
あとは快適な尾根歩き。

0006
しばらく行けばブナの森。
満足満足、大満足。

0009
山頂で昼食、そして下山。

0011
マロさん、今回もヒモ付きの山行です。
全速で走り回ると大変なことになります。腹痛で10分ぐらいは動けなくなります。キャインキャイン泣いてその場にうずくまってしまうんです。
数年前、横隔膜の手術をしました。たぶんその影響じゃないかと。
激しい運動しないようにしたら問題ありません。最近はずっとリードを付けてますます。

犬がルートを決めるんですが、「そこ行くか?」的なルートをとります。

0012
降りてきました。音水川で一休み。
下りは植林帯でしたので、特に写真はありません。

2時間掛るかどうかのコース、おすすめです。手軽に大木、巨木に会える素敵な場所でした。

Map_yamasina
地図画像クリックで、別ウインドウで拡大画像がポップアップします。

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2016年4月28日 (木)

宍粟50名山No.6「波佐利山(1192m)、赤西山(1202m)経由

前回のブログはジャガイモ植え・・・・
ずいぶん前やなー。最近早寝でブログ書く時間がない。
と、言い訳。

今回の記事は4月12日に行った山。写真の賞味期限はとっくに過ぎてるけどアップします。

0002
以前から行きたかった赤西山へ、マロと。

0005赤西山の取り付きまで林道5km、約一時間。途中にあった先代杉?だったかな(奥の2本杉)。その手前にminiウイルソン株を発見。
きれいな森が続く赤西林道、以前アマゴ釣りで通ってたときにはり気づかなかった事がたくさんありました。
それにしても山が遠い。

0006
ようやく赤西山の支尾根に取り付く。
結構急な登りが続きます。

0007
里は桜が散り始めてたこの頃、赤西山中腹は桜はおろか、ようやくコブシが開花準備といったところ。記事を書いてる今現在は、新緑でさぞ綺麗なことでしょう。

0008
ゼイゼイ。疲れ果てた頃に、突然視界がパッと開けた。何だ?

0009
なぞが解けました。以前は氷ノ山の様に、千島ザサで覆われていたのでしょう。最近あちこちの山で笹枯れが見られます。
安心してください、環境の変化等によるものでは無いそうです。何十年に一度花が咲いて枯れてしまうらしい。その後もとに戻るようです。
枯れている間に若ブナが育つのでしょうか?だとしたら、うまくできてますね。

0010
巨大な切り株の上に根をおろした若ブナ。笹に覆われた地面に太陽の光は届かないので、こんな場所でしか成長することが出来ません。
盆栽みたい、ここだけかと思いきやそこらじゅうにありました。

0011
不思議な空間。この木々が芽吹いた時や紅葉した時は、いったいどんな景色になるんだろうか。また来たいと思いますが、林道一時間歩きは勘弁してほしい。

0012
開けた場所は山頂直下でした。

0013
赤西山山頂です。

0014
ご飯して波佐利山に向かいました。
ブナの尾根、最高です。

0016

いいですねー。山はこれでなくっちゃ。

0017
オオボウシ出合いから宍粟50名山の波佐利山までは植林帯、写真なし。山頂もほぼ杉。
なんでこっちが50名山で赤西山がランク外なんだろう。

0018
赤西川方面の下り。杉100%、おもしろさ0%
試しに源流方面へ降りかけたけど、傾斜度に不安になってやめました。

0020
林道一時間歩いて、ようやく車を止めてるゲートに到着。
お疲れでした。

Map_akasai

今回のコースです。

画像クリックで、別ウインドウで拡大画像がポップアップします。

地図の「波佐利山」の標高が1202mになってますが、1192mの間違いです。すみません。

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

«タワラヨーデル・2016ジャガイモ備忘録