« 白馬 | トップページ | 冬野菜 »

2013年11月 5日 (火)

現像

Dsc_2796_2某、新H急ホテルで同窓会がありました。
話題のバナメイ海老 を味わうチャンス到来。期待にに胸を膨らませて出かけました。

当日はスナップ写真のお手伝いをさせていただく事になってました。
いざ撮影しだすと夢中になってしまい、料理はほとんど手を付けずじまい。久々に席に戻るとデザートで終了。はたしてバナメイ海老は出たのでしょうか?未だにわかりません。

帰宅後写真の現像。
「今の時代、現像って。」
と、思われるかもしれませんが、現像する必要があるRAWというファイル形式で記録してます。

一般的には[jpeg]ですね。
デジタルカメラは、センサー上に結像した像を電気信号化し、そのデータを画像処理エンジンで映像化してjpeg]ファイルで出力します。
ただ、[jpeg]は間引き(圧縮、しかも非可逆圧縮)されているため保存し直す度に画像が劣化します。その昔、エロビデオをを繰り返しコピーして、モザイク掛かってないのに顔すら分からないほど劣化してしまったー、あのイメージです。ちょっとちがうか。

某新H急ホテルのデザートの写真、オートホワイトバランスで撮影しましたが、色温度は高めでピンク色にかぶってます。[jpeg]の場合、photoshopなどで色バランスを整えたり、傾きを直したりするたびに画像がどんどん劣化して行きます。

Cntopn これを解決するのが[RAW]です。ただしSDカードなどのフラッシュメディアに記録された[RAW]ファイルをPCで開こうとするとこんなのが出ます。

[RAW]は映像化されていない映像処理エンジンに入ったデータです。映像処理エンジンの代わりにPCで映像化するのが現代の現像です。

Nx2
PCで映像化するためには専用の現像ソフトが必要です。作品を仕上げるためにじっくり時間をかけて映像化する、昔の暗室作業に似てます。

僕は作品など作らないけど[RAW]と現像ソフトを多用します。
[RAW]は[jpeg]にくらべて劣化しないので、露出過不足やホワイトバランスを合わせ間違いした写真、さらには水平が狂ってる写真を後から修正してもきれいなまま。
失敗の多い私、大事な写真を撮るときには絶対[RAW]撮りです。
ただしピンボケや手ぶれは救済できませんので。
でも今回ピンボケ多かった・・・ [jpeg]一発出しの緊張感の方が逆に失敗が少ないかも。

さてさてこの現像処理、やたら時間が掛かります。今回200カット近く撮ったので大変。
こうなると現像作業がいい加減になる。特にホワイトバランス、プリセットで合わないと「ま、いいかー。」となってしまう。
最新のカメラのフルオートの方が多分優秀。

結局、なんのこっちゃー!

|

« 白馬 | トップページ | 冬野菜 »

写真」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 現像:

« 白馬 | トップページ | 冬野菜 »