« 2017年8月22-24日 北穂高岳(3106m) その1 | トップページ | 宍粟50名山No.5赤谷山1216.4m(11月13日) »

2017年8月28日 (月)

2017年8月22-24日 北穂高岳(3106m) その2

0026
大石の上を登って行きます。

0027
次第に岩場感が出てきました。これは同行者君。

0059
クサリ場です。ホールドはたくさんあり、クサリに触らずに登れます。むしろその方がのぼりやすいと感じました。

0028
あんなとこやこんなとこを登って行き、あっという間に3000mを超えました。
もっと厳しいコースを想像してましたが、以外とあっけなく来た印象です。

0029
間もなく山頂。ガスの中。

0030_2

テッペンに着きました。
何にも見えません。

0033
空荷なんで余裕でしたが、みなさん、テント背負って槍から奥穂へ縦走されたりするんですよね。わたしはその難コース、空荷でも無理かもしれません。

0040
絶景で有名な北穂高小屋テラス。晴れてたら、大キレットに続く槍がバックの記念写真。奥穂に行く予定の友人に、この景色を見に行こうと頼んだ私でした。

0043
小屋で醤油ラーメンをお腹に入れ、雨が止むのを待って下山開始。

0045
前穂高岳の絶景ポイント。ガスって晴れそうで晴れない。おしい。

0046
でも幻想的な景色。

0050
友人が撮った写真には前穂がハッキリ!
私はよそ向いてた。あー、もってないなぁー。人生そのものだ。

0055
貧乏くさい顔してるわ。

0058
下りるにつれて日差しが。
満天の星空が見れるかも。小屋泊りだと、いちいち外に出るのがめんどくさいけど、そこはテント!
その期待も木っ端微塵に砕かれました。この夜もテントが飛びそうな防風雨。

0070
明けて3日目。本日はめっちゃ重たい荷を背負っての下山。
焼酎飲んで軽くしたはずが、テントが水吸って重いってなんの。しかもずーっと雨。

 

0073
肩、腰、足、全てが悲鳴あげてる。
早く下界で風呂入りたいと思う反面、下りるほどに、もっと山の中にいたいという思いが強くなってきます。
雨に濡れた木々のしっとり感と、ガスに包まれた峰々が織りなすグラデーション。スマホのカメラでは伝わらない… しばらくボーっと眺めてました。
(ザックの中のカメラで撮っても伝わらない腕しかないけど、そーゆーことにしておこう。)

0080_2

横尾到着。

ここからは観光客に混ざって、上高地まで3時間ダラダラ。
1時間歩いて徳沢で昼食。飲酒登山はしない主義ですが(泊りの夜は飲みますョ)、ここまでくれば大じょーぶ。生ビールをグビッといただきました。

その後元気が出て、ペースアップした事を付け加えさせていただきます。

0100
下山後、さわんど温泉で日帰り入浴。アルピコ交通の誇る、新型ハイブリッドバスで松本へ。土産買って居酒屋直行。お気に入り「大雪渓蔵出し」を飲み、22時30分発大阪行き夜行バスで帰路についたとさ。
翌朝、たつの市のペットホテルでマロさんをピックアップ。
久々の対面、めちゃめちゃ喜んで飛びついてきたけど。怒ってた。
ゴメン、涼しくなったら宍粟のやまへ行こう。

Map_2

今回の行程と記録です。

ヤマケイオンラインのマイページ、登山記録画面をキャプチャーして編集したものです。地図の + あるいは − マークをタップ又はクリックしても拡大縮小しません。
元記事はコチラ

画像クリックで、拡大イメージが別画面でポップアップします。

 


|

« 2017年8月22-24日 北穂高岳(3106m) その1 | トップページ | 宍粟50名山No.5赤谷山1216.4m(11月13日) »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1133815/71547721

この記事へのトラックバック一覧です: 2017年8月22-24日 北穂高岳(3106m) その2:

« 2017年8月22-24日 北穂高岳(3106m) その1 | トップページ | 宍粟50名山No.5赤谷山1216.4m(11月13日) »